忍者ブログ

2007年末に考えるHPC

HPCってのは昔あったハンドヘルドPCですね。Windows CEとかの時代のお話です。

いまどきの携帯電話なんかをみたらWindows 95時代か98時代のPCよりも性能がよかったりするんですよね。メモリとCPUだけの話ですが。ストレージも95の時代は500M~1Gとか、メモリは最低8Mで上は32とか64とか、最大128か256の時代ですよ。メモリはしらんけど、いまだと1Gのフラッシュ内蔵とか、microSDで拡張とかできるので見劣りはしません。CPUのクロックは無印Pentium世代を追い越していますしね。

その時代からPCを使っている人にアンケートをとればまあ95とか98、MEは不安定なのでNT4、2000あたりがよくて、それ以降は(つまりXPやVista)は無駄だという結果になるんじゃないかと思いますね。いいっていう人もいるでしょうけど質実剛健さがOSには必要なんですよ。

というのは無理なのでおいておいて、Vistaは難しいですが、XPなら500MHz程度のCPUでもなんとか結構動くはずなので(メモリは必要だしLunaじゃつらいかもしれないけど)、小型軽量の電池駆動PCも今ならいけそうな気がしてなりません。

CPUはまあそういう流れとして、メモリも512ぐらいいけるのでは?
インターフェイスはいまどきなのでUSB2ポート(最悪1ポートでもハブつければ問題ない)、Ethernetの口、あとはPCカードスロットが一口とCFの口でしょうか。CF二口でもいいですが。
CFの口にHDD代わりにCFを突き刺して使えばOKという算段ですね。16Gとかでてますし。外部インタフェイス用はさすがにあれですが、ドライブ用ならSDスロットでもいいかもしれません。32Gがそろそろでそうだし。miniSDだっていいかも。

そういえばSDHCの規格上では32Gまでなんですよね。XPやらVistaなんかはFAT32でフォーマットできる容量を32Gにしているからなんでしょうが、次はやっぱりexFATになるのかな? そうすればしばらくは大丈夫そう。

問題はどこまでCPUの電力を落とすか、スペックを落とすか、あとはポインティングデバイスと液晶でしょうか。500g台のPCはすでにあるけど思い切れば快適な500g PCもできるんじゃないかなあ。妄想だけど。

PR

2007/12/09 Note Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(06/15)
(03/28)
(05/31)
(03/21)
(03/19)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析