忍者ブログ

電子書籍と紙の書籍の共存はないのか?

2013年、あけましておめでとうございます。

掲題のところなのですが、共存する場所は読者側なのです。

つまり、読者側で本も電子データも両方手元に置くことに対して優遇措置はないのか? ということ。

電子データで読んでもいいけれど、本は置きたい! というわがままさんは結構いると思うのです。
層にはよるとおもうのですが・・・・・・。
書籍の値段が400~650円程度のとき+50円程度で電子書籍データもあげるよーというサービスがあれば個人的には(将来的に問題なさそうな規模or仕組みであれば)即時飛びつきです。100円程度だとものによりますかね。

ないだろうなあ。。。。

PR

2013/01/01 Note Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(08/05)
(07/29)
(06/16)
(06/13)
(06/13)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析