忍者ブログ

XGP と PHS と電話機能とその他

ワイヤレスジャパン2009 キーパーソンインタビュー にて音声サービス用にXGPを使うことは考えていないということが出ていました。制度上の問題(割り当てられた周波数は電話としてではなくて移動体通信向け)であるとかそういう方面のことも上村さんが語っておられます。


文中にもありますが、諸外国では相変わらず GSM が携帯電話の主流です。SMS はとりあえずいいや。通話には GSM で十分ってことですよ。PHS も現行のエリアをつぶして、さらに XGP に音声を載せ替えるなんてしなくとも携帯電話よりずっと音質もいい状態ですしメリットもないわけです。音声に関しては完成していると言っても過言ではないかと個人的には思っています。


そもそも日本で PDC を全廃し、CDMA 系になったのは PDC が海外展開できない宿命にあったことが関係しているのではないでしょうか。ですから、わざわざデュアル端末を増やすこともなく消してしまったのだと思います。じゃあ LTE になったらどうなるかというと au は CDMA 系を消してしまうかもしれません。消さないかもしれません。GSM + W-CDMA + CDMA2000 + LTE のマルチモード端末がそのうちでるかもしれません。日本の場合はあっという間に展開して LTE 一本になりそうだなあ。と思っても Softbank mobile とか E-mobile はなかなか LTE にいかないかもしれませんが。


んで、XGP ですが、まずはデータ通信カードその他で出てくるのは確定で、その後はスマートフォンに載るんじゃないでしょうか。スマートフォンならサイズ的にも余裕がありますし。電源の面でやや心配ですが。あと、PHS とハンドオーバーするデュアル端末ですね。音声端末に乗せるのは時間がかかるかなあというのが正直なところ。電源的にもね。


GSM といえば GSM の W-SIM がでていない気がしますが、これはいいアイデアだったと思うんです(CDMA 版も出すとか言っていた気が)。できればこれに携帯電話の SIM が刺さる機構がついた物がでると大喜びでしょうな。ウィルコムも SIM 化してこりゃあめでたいということになるやもしれない。


ま、妄想なのでこれからも見守りますよ。


PR

2009/08/03 携帯型電話機 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(06/15)
(03/28)
(05/31)
(03/21)
(03/19)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析