忍者ブログ

ドコモが純増トップというお話

7月の携帯・PHS契約数、ドコモが3年ぶりの純増トップ


二年以上ソフトバンクモバイルが維持してきたトップをドコモが取り戻しました。あれが良かったこれが良かったという中には各メディアとも「新機種」「料金プランの改定」をあげています。マニアックな層もこぞって記事にするんじゃないですかね。そういう層は「網のレベル」「ソフトバンクの不安定さ」「実は端末が高くなったソフトバンク(スーパーボーナス改定があったため)」というようなことを歌っているのではないかと思います。


ソフトバンクがどのぐらい不安定かとかエリアの穴はどうだとかはわかりません。そして、恐らくユーザーの中でそれを気にするのは一部です(飛び回る人、実際に家が圏外になる人等)。たぶんですが。実は微妙に端末が高くなったとかいう話はあって、そっちの影響が強いのではないんでしょうか。


ちょっと前に書いたのですが、端末の魅力が一番じゃないですかね。よくわからないんですがドコモが魅力的に思えるんですよ。


そういえばソフトバンクは 800MHz 帯をよこせーよこせーって言ってますが、2GHz 帯の基地局数だけでドコモに追い越されているっぽいじゃないですか(http://www6.atwiki.jp/k-p/pages/121.html)。確かにエリアを簡単に広げるという意味では波長が長い方がいいでしょうが、このドコモの鬼のようなエリアと、au の計算されたエリア設計という面が重要なんじゃないんでしょうか。資金面という縛りもあるんでしょうが……。イー・モバイルは 1.7GHz 帯で、すでにそこそこエリアを構築しています。2GHz 帯より長いけど 800MHz より短いところでがんばっているわけですし、周波数帯であんまりごねごねしない方がいいと思うんですけどね。ウィルコムだって 1.9GHz 帯だし。


次の世代では各社とも 1.5GHz 帯(イー・モバイルは 1.7GHz 帯ですが)で、低い方からソフトバンク、KDDI、ドコモなので次の世代では対等ということでやってほしいですね。KDDI とドコモは潔く LTE はこの帯域でやってくれると思っています。ソフトバンクは……LTE やらないのかなあ。通話だけなら平気だろうけど……。


あ、忘れてましたが、イー・モバイルの MNP での -200 の純減が気になります。電話を他キャリアに変えたってことかな? このままだと完全にデータ通信業者になっちゃうなあ。


PR

2009/08/07 携帯型電話機 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(06/15)
(03/28)
(05/31)
(03/21)
(03/19)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析