忍者ブログ

新型インフルエンザねぇ

新型インフルエンザ騒動で冷静さを欠く日本人とメディアの異常

現状の騒ぎを冷静に受け止めろという記事で、それは実は同意している。
弱毒性であるし、一昔前と違って有効な治療薬なんてもあるしで、季節性とそれほど大きく違わないだろうということ、実はそろそろ暖かいし、梅雨入りするしでそもそも蔓延しにくい状況にもある。
季節性との大きな違いは型がずいぶん違うので若干でも有効な免疫を持っていない人が多いこと。そうすると体力のない人はつらい思いをするわけだ。

だが、逆に言えば一度やってしまえばそれ以降は季節性とほぼ全く同様の感覚でOKともいえる。
だから大騒ぎするべきではないということだ。


逆に、世界中の人が一ヶ月なり、まったく外出せずに過ごしたらどうなるだろうか。こうするとインフルエンザウィルスが鳥などにうつるなりしない限りあっという間に収束するはずなのだ。だから実はこっちが結構正しいんじゃないかと思っているが、経済至上主義の現代では無理だろう。結局のところ、インフルエンザっぽいと思っていても仕事やらなんやらで外出してしまうのが現代人なのだ。日本人は特に。


ということで、このあたりはそこまで。ちょっと書いたのはこの記事の内容ではなく、隅っこの部分で気になる、気に入らない記述があったのだ。

一つには執筆者が自意識過剰だと自分で言っていること。記事中で自分で触れていない部分も自意識過剰だ。
一つには世界=西欧、アメリカ思想があること。日本人にはこういう人が多いと思う。お手本はすべて欧米なのだ。欧は西欧なのだ。お手本がないと不安なのだ。
一つには文化の違いがあるとしながらもそれをあまり認めていないところ。(においが)。
一つにはマスクの効果。

最後が重要なのでちと詳しく。
インフルエンザには潜伏期間がある。1~5日程度といわれているわけだけれども、この期間中も他人にうつす可能性がある。また、発症しないか、非常に軽い症状しか出ない場合もある。だが、それでも感染を広げる可能性がある。その場合にはマスクは非常に重要だ。つまり感染予防のつもりが、感染拡大を防ぐことにもつながるのだ。

また、飛沫感染を起こすのだが、吸い込まないようにマスクをすることが悪いとは思えない。たしかに、マスクを外して手を口に入れたらそれはもう駄目だが、粘膜到着後20分程度で増殖を始めるようなウィルスに対して手洗いとうがいだけで防衛しようとしても、外出時間が長いなどすればあっという間に無力だ。まさか常にがらがらさせながら歩くわけにもいくまい。

最近なんだかマスク否定論が流れているが、効果はあると思う。とまあそういうわけだ。

だいたいにおいて、ダイヤモンドオンラインのようなサイトに書かれている内容は憶測と思い込み丸出しで、しかもジャーナリズムだなんだと虚勢を張り、我々はブログなどのような素人の記事とは一線を画した情報を発信しているという傲慢な態度がある気がする。
それはいいや。




PR

2009/05/22 Note Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(10/10)
(08/05)
(07/29)
(06/16)
(06/13)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析