忍者ブログ

HIV感染拡大阻止できないかな?

抗HIV薬 次々と開発…早期治療 エイズ発症抑制
HIV感染・発症:5年ぶりに過去最多更新
昨年のエイズ感染・患者、過去最多 年齢別で30代最多

HIVだけを恐れる必要もない時代、HIVとエイズを過度に恐れることが無くなってきた時代です。
早めに感染がわかれば、根治はできずとも発症を防ぐことは余裕で可能になっています。

感染者数が増えたというのは2面あって、
認知が進み、検査を受ける人が増えたこと
潜在感染者が増加し、感染機会が拡大していること
なのだろうと思っています。

色々と思うところあるのでしょうが(まだまだ偏見も多いようです。偏見以前に、根治できないという恐れが本当に強いという気持ちもありますが。)、自ら受けるだけというのは今ひとつ感染拡大を阻止できないと思います。感染者数が増えると抑えられなくなる。
感染者数を増やさないためには既知の感染者を増やすこと。

自暴自棄というのか、妙なことを考える勢はそう多くないだろうと予想して、既感染者の大多数の人が感染が発覚すれば軽々に拡大しないだろうと予想します。


私自身は非匿名でもいいとも思うのですが、匿名検査でないと差別を産むのもわかります。差別ってか区別かな? でもなにかしら方法がないかなーと思いますね。
会社や学校でやるのが一番いいのですが、匿名にならないので、
チケットを全世帯に配布して、特定の場所に持参で匿名検査とか? これだと井戸端会議の話題になっちゃうかな。。。

でも、いくら言っても任意の匿名だけではこの先の拡大を防げないと思います。


根治しないものはほかにもあるわけですし、耐性菌のような別の話もあったりする現実もあって。
将来の自らを守るという自発行動だけではなくて、社会を守るという意味でオープンな検査もあってもいいと思うんですよねぇ。。。

PR

2014/05/24 Note Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(10/10)
(08/05)
(07/29)
(06/16)
(06/13)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析