忍者ブログ

にうすの感想なんかをたまには書いてみる

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/12/18/17925.html
ちょっとこの記事には出ていないが、著作権利者側の意見として「うちらも一部はうはうはだけど、ほとんどは極貧なんだよ。一消費者なんだよ。もっと保護してくれよわかってよ。」というような内容の発言があったという記事があった。
なるほどそうだろう。別にダウンロード違法化は構わないと思う。というか仕方ない面があると思う。パブリックコメントにはできればやめてほしいが現状をみると仕方ないかもしれない。でもよく考えてねというようなことを書いて送っておいた。(どっちかというと著作権の延長のほうが問題なのでこれはスルーする。あとは補償金が大問題であるが、こちらはしょうがないと思えない部分が多々あってKIAIを入れてあげたくなっている)

どう正しくないかというと、これで主に損をしているのはうはうはな人だからだ。

うはうはな人というのはつまり人気のあるコンテンツを作った著作者(まあ中間が吸い上げてるかもしれないがそれはこの際無視。本なんかは結構透明だし)だ。人気があるとその分違法コピーが出回るわけだ。一方で(失礼だが)人気のないコンテンツは特殊な層にのみ受ける。つまりニッチ市場に近いものがあるわけだがこの場合は違法コピーの出る幕ではない。
直感的に「そんなこといっても、数はそうでも割合は同じぐらいじゃないの?」と思うかもしれないが違うと確信できる。まあそういうわけでこの一言はだめだったなと思った。


http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/37759.html
ウィルコムに頑張ってほしいけど確かに独自方式で国際的なあれからみて独りぼっちになり、魅力もそう多くなくしょぼしょぼになりそうなことはよくわかる。WiMAX化するか無線LAN化するかしないかなあ……

(2007-12-22追記)
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/37779.html
結局2.5GHz帯域の新規割り当てはKDDI陣営とウィルコム陣営になったということだ。どうせほかの帯域でまた別の事業者が割り当てられるんだろうが相変わらず態度が悪いのがソフトバンク陣営。たしかにいろいろ面白い(面白いサービスをやってるかどうか考えてみたが別にない気がする。魅力は常に金という金至上主義も悪いとは言わないが下衆な気がしないでもない)ことを打ち出そうとしているし、やり口も態度も気に入らないし、生まれそうなカリスマ性もなさげだし、傲慢で謙虚さはないし大嫌いだがもはやこれだけでかくなると避けられないという点もあるが新規技術に積極的に参入する意欲は本当に素晴らしい。他の保守的な事業者より腰が軽いので積極的にいろいろやってくれるだろう(どれだけ革新的か、他の事業者が全然やらないかとは別次元だが)。
しかも今回の決定はどちらもKDDIに関連しているし微妙な気がしないでもない。私が持っている携帯型電話機はKDDIとウィルコムなもんでやたらうれしい気持ちもあるがKDDIとウィルコム陣営は一体になって、他にもうひとつの事業者がくっつく的な流れのほうがかきまぜかきまぜで面白くなったかもしれない。

PR

2007/12/20 Note Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(06/15)
(03/28)
(05/31)
(03/21)
(03/19)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析