忍者ブログ

温暖化うんぬんで植樹がいいというのは

温暖化うんぬんは人を含む原生生物には結構重大な話なんだろう。
原因はわかっているのか不明なのか見解が分かれるようだけれども上記に間違いはなさそうだ。ただし、生命全ての危機ではなくて、一旦淘汰されてまた別の生物がでてくるんだろうとも思う。

まあそれはそれでいいとして、人類としては人類が気持ちよく生きていける可能性を探るのが正しかろうということで色々と対策を講じているというところだ。

で、木を植えるという手段がもっと大々的に叫ばれてもいいと思うのです。二酸化炭素の排出云々もありますが、光合成をするときにはエネルギーを吸収して蓄える働きもあるんですな。
そうするとなんとまあ直接的に熱になるものを押さえられるわけで、立派な木になって完璧に腐るなり、燃えるなりしてしまわなければ二酸化炭素とかエネルギーだったりとかは出てこないわけです。

まあ何でこんな事を書くかというと二酸化炭素としか言っていない今に疑問を感じたからでして。それだけじゃないだろうにねぇ。 

PR

2010/07/21 Note Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(06/15)
(03/28)
(05/31)
(03/21)
(03/19)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析