忍者ブログ

じんこーちのーとかにゅーらるねっととか所感

そろそろVectorのサイト適当に変更しないといかんな……

はてさて、ここ数年、機械学習界隈でニューラルネット……てーかディープラーニングばっかりなのだけどついに人工知能がブレイクスルーして人類を超えた超絶生命体となるのか!?
みたいなお騒ぎ関連になってる感じがありますね。

ニューラルネットな学習については90年代の中学生の技術の教科書……じゃなくて資料集かな?
あたりにも載っていたぐらい古くからあるもんではあって、可能性を感じる人は確実にいたと思うんですが鳴かず飛ばずといった感じでしたね。
色々壁があったってことなんでしょう。

んで、ディープラーニングってーのがでてきた。インプットとアウトプットの間の部分を多層化した感じのやーつ。
正直生物的な成否判定とか情報認識とかをIF文とかのロジックで書き下すのは無理があると思う上に、人間の得意技的な音声・画像認識だとか、複雑なゲーム(チェスとか囲碁とか将棋とか)でもこの手法が有効だってことになったんですな。
90年代後期の音声認識といえば使用者の音声を学習させるステップが必要で、特定の文字を読み上げさせられて・・・いやいまはそれはいいか。
ゲームだと手の評価と枝狩りと・・・それもいいか。

ともあれ、学習した結果どういう感じで動いているかはロジックの知るところではなくて、ナンかいい感じに動いてくれてそれがそれなりにいい感じだってのがぽいんとですな。

ビッグデータがどうたらとか一時期大いに話題になったけど、ニューラルネットは巨大なデータを重みに変換したもんだと勝手に考えてる。データベースをハッシュ関数的に不可逆変換したみたいなやーつ。
ハード的にも専用構造がでてきたりして、もう少し発展は続くと思うんだけど、これが知能をもったと言えるようになるのはまだ先じゃねぇかなあ。
だって今のところ用意されたインプットとアウトプットが基本なんだもん。

わりかし自由なインプットとアウトプット(人形的なもんでも、電子的なもんでも)がそろってくるとなんか一波乱あるかもしれないと今のところは思ってるぅ↑

PR

2018/11/06 Note

カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/06)
(08/08)
(10/10)
(08/05)
(07/29)
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カレンダー
 
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新TB
 
 
 
最新CM
 
 
 
リンク
 
 
 
Feed
 
 
 
注意点
 

英字のみのコメントは拒否しています。スパムの排除のためご理解をお願いいたします。(でも結構スルーされてしまいます。たまに掃除していますがご容赦のほどを。)

 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析